島根大学同窓会連合会
島根大学同窓会連合会は、大学と社会を結び、島根大学のプレゼンスを高める新たな基盤です

島根大学広島同窓会が第7回総会・懇親会を開催しました

2017年9月29日

 

 広島同窓会(行武禎一会長 文理学部文科法学専攻(現法文学部)昭和42年卒)は、平成2992日(土)に3年ぶりとなる第7回総会・懇親会を、広島市中区のホテルメルパルク広島で開催し、53名の同窓生が参加しました。
  総会では、会長挨拶、活動報告及び収支報告の後、役員改選を行い、新会長に野澤勝広さん(農学部(現生物資源科学部)農業工学科昭和48年卒)を選出しました。
  続いて、懇親会に移り、オープニングの歌として、平野邦雄さん(文理学部理学科(現総合理工学部)昭和42年卒)ほかの方々により、ヘンデル作曲のオペラ『セルセ』からオンブラ・マイ・フ (ラルゴ)、ジブリの曲「君をのせて」(映画「天空の城ラピュタ」主題歌)、「時の歌」(映画「ゲド戦記」主題歌)及び童謡唱歌の「ふるさと」を披露し、心のこもった演奏に会場は静まり返りました。
  そして、来賓としてお招きした島根大学理事・副学長 藤田達朗様から、平成30年度に実施される総合理工学部・生物資源科学部の学部改組、自然科学研究科について、挨拶を兼ねた説明がありました。続いて野澤新会長の乾杯により歓談に移り、久し振りに会った同窓生や初対面の他学部同窓生との交流を深めました。また、今回初めて出席した同窓生8人がステージに紹介され、昨年の納涼会に引き続き、小林英生さん(教育学部昭和44年卒)から提供された記念品がプレゼントされました。思わぬプレゼントに、皆さんは参加してよかったと満面の笑みを浮かべていました。そのあと、参加者全員が輪になって「青春の歌」を歌い、会場は最高潮に達しました。
  本同窓会の課題として、出席者の高齢化が例年挙げられてきましたが、今回は30歳未満の卒業生が増加するなど、その課題を克服しつつあります。総会は若手の参加で活気にあふれつつも終始なごやかな雰囲気進み、世代間の交流も行われて有意義なものとなりました。最後に、同窓会参加の輪をさらに拡げようと誓い合いながら、監事の今村重成さん(農学部(現生物資源科学部)農林経済学科昭和53年卒)の閉会の辞及び乾杯で結び、散会しました。

 

佐々木准教授の講演.jpg
               行武会長挨拶
集合写真.jpg
                   集合写真
 藤田理事挨拶.jpg
                藤田理事・副学長の挨拶
               野澤新会長による乾杯
平野さんによる「海ゆかば」.jpg
                 「青春の歌」合唱
 宍道湖周遊歌&エール.jpg
                 閉会の辞・乾杯